コラム コラム

カウンセラーのための「差別化=強み発掘」ではない理由とは?

「強みを活かすことと、差別化は別物??」

カウンセラー・セラピストとして開業、起業すると、

どの人も悩む鉄板の一つは、差別化です。

今回の記事を活かすと「何を打ち出したらいいか?」で悩むこともなくなります。
ただ、これには手順があって、順番を間違うと上手くいきませんから、順を追ってご紹介していきますね。

数年前までは、「結局、みんな同じに見える」と差別化があまりされていない開業カウンセラー、セラピストが多かったのが課題でした。
それも、ここ1・2年で変わり、差別化をしっかり意識している人が増えています。

それ自体は良いことなのですが、多くの場合、差別化=強み発掘になっているのです。

「あれがない」「これもない」と言って、ないものを手に入れようとするのに比べれば、「今あるもので勝負する」こと自体は、はるかに重要です。

ただ、「強み」に焦点を当てるだけでは、差別化にも、ブランディングにもなりません。
今回は、いかに強みを活かしながら差別化をするのかを書いていきます。

 

そもそも、カウンセラーにとって、差別化やブランディングは必要なのか?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

これの答えはシンプルですよね。
お客様から「選ばれるため」です。

数年前、「ソーダストリーム」という炭酸水を作る機器が日本に入ってきたとき、
飛ぶように売れていき、売り切れの店舗が続出しました。

そのとき、炭酸水を「作る」という概念が、日本にはなく、
それを可能にする機器もほとんどなかったため、みんなこぞってソーダストリームを購入しました。
後に別メーカーの炭酸水を作る機器も入ってきましたが、こういう状況においては、ほぼ独占状態でものが売れていきます。

ただ、例えば鍋やスマートフォンのように、様々なメーカーのものがあって
「選べる」ようになると、当然ですが選ばれたものだけが売れていきます。
「いかに選ばれるか」にこだわる=差別化する ということになります。

差別化の3ステップ

差別化の重要性は伝わったと思いますので、実際にどのようにして差別化をはかるのか書いていきます。

これ、実は飲食店と同じ手順でやるのがポイントなんです。

「今日はどこかでご飯を食べよう」
となったとき、どうやってお店を決めますか?

多くの場合は「和食?イタリアン?中華?」
など、まずジャンルを絞りますよね。

そこから、例えば「今日は和食の気分」と思ったら、
さらに「和食なら○○か、◼︎◼︎か、△△かな」といくつか想定しますよね。

この時点で「○○、◼︎◼︎、△△」に残ってなかったものは、
選択肢の中にすら入っていない=選ばれることは決してないということになります。

どれだけ美味しかったり、思い出深かったりしても、人間は忘れていきます。
ただ「覚えていない」だけで、選択肢から抜けていく。

どうしたら「この3つ」に残るか、というのが最初の関門です。

カウンセラーやセラピストの場合、飲食店のように日常利用するサービスとは違いますから、
Webで集客するにしても、口コミやチラシを活用するにしても、
見込み客が「”〜〜〜”で困っている」の”〜〜〜”をどれだけ知っているかが勝負です。

ほとんどの人は、これを知りません。
”〜〜〜”とは、見込み客が使う言葉です。

これを知らないと「NLPトレーナー」「人間関係改善セラピスト」「お悩み解決カウンセラー」「最新の美容クリーム」など売り手目線な言葉を使ってしまいます。

NLP、人間関係改善、お悩み解決、最新の美容クリーム…
といった言葉を、見込み客は使わないですよね。
普段使わない言葉=イメージがわかないので、
この時点で、見込み客の「選択肢」には入ってこないということになります。

まず、売り手の言葉を仕入れて使うことが、第一関門を突破する秘訣です。

 

次に、強みを発掘します。

この順番が大事で、見込み客が解決したいこと、言葉を仕入れて→それを解決するのに使える強みを探す。
そうすることで、
「強みとしては凄いけど、見込み客が求めていないものを打ち出してしまう」
という差別化の失敗あるあるが防げます。

そして、最後に、競合のリサーチをします。

ほとんどの差別化において、圧倒的に足りていないのがここです。

ある悩みに対して、自分の持っているどの強みを打ち出すのか?ということですね。

多くの場合、お客さんの悩みも、こちらの強みも挙げていくと数が多くて、
逆に「何を打ち出すのか」悩むことになります。

それを解決するのが、競合リサーチです。

具体的には「競合が打ち出している強みは何か」「競合がカバーできていないことは何か」ですね。

差別化するということは、尖る(とがる)ということなので、多くのものをあえて捨てるという意味でもあります。

なので、競合が捨てているもので、かつ、こちらの強みでもあるもの=差別化ポイント
ということになります。

なるほど 大

この手順を踏めば「何を打ち出せばいいのか」悩むこともなくなります。
ぜひ実践してみてくださいね。

 

カウンセラー・セラピストの方へ

「書いても書いても集客出来ない…」

「新規が来てもリピート・契約されない…」

その他、集客・告知のお悩みの、解決のヒントをこちらでもご紹介しています。

ご興味のある方は↑をクリック下さい。

ご質問・ご相談があったら、「問い合わせ」からご一報ください。

“15人/16人”が「月30万~100万円」以上を達成した方法“15人/16人”が「月30万~100万円」以上を達成した方法

完全無料 「web集客×口コミ」の最大化コラボで、クライアントに感謝されながら、しっかり集客する7ステップ完全無料 「web集客×口コミ」の最大化コラボで、クライアントに感謝されながら、しっかり集客する7ステップ

新規登録新規登録

このほかにも、カウンセラー・セラピストのための集客に欠かせない秘訣をご紹介しています。
→ご興味のある方はこちらをクリック

最新セミナー情報 「どうやったら、5年10年と続く起業ができるのか?」ご紹介しています。

人気コラム

1

起業前に要確認!開業カウンセラーの現実と失敗せずに儲かるコツ

「カウンセラーとして独立・開業を検討している」 「開業カウンセラーとして、稼げる方法が知りたい」 このような想いを抱えているカウンセラーの方も多いのではないでしょうか? カウンセラーとは、ご存知の通り…

2

失敗しないカウンセラー集客・お客さんの心に響くブログ記事について【集客コンサルタント解説】

「もって1年」といわれているカウンセラー起業の常識を変えることをミッションに活動している川越恵です。この記事では、カウンセラー起業のキモ、「集客」についてお伝えします。   突然ですが、なぜ…

3

心理セラピストの方必見!集客で絶対にやるべきこと、絶対に避けるべきこと【ロングセラー起業コンサルタント解説】

「心理セラピストとして起業したけど、集客方法がわからない」 「心理セラピストの集客事例を知りたい」 「起業する前に集客方法を知っておきたい」 あなたは心理セラピストとしてすでに起業されている方でしょう…

最新コラム

起業初月からサラリーマン・OL時代の月収を超えたWEB集客×口コミの秘密とは?7つの動画を無料プレゼント!起業初月からサラリーマン・OL時代の月収を超えたWEB集客×口コミの秘密とは?7つの動画を無料プレゼント!

ベストセラーになりました!『口コミ集客で「一生愛される起業家」になる方法』ベストセラーになりました!『口コミ集客で「一生愛される起業家」になる方法』

友だち追加

代表プロフィール

川越恵川越恵

株式会社スライヴケア
ロングセラー起業塾
代表 川越恵

  • ●カウンセラー・セラピスト・コーチ専門
    持続可能な起業コンサルタント。
  • ●受講後数年を経ても、毎月月商100万、
    毎年年商1000万を達成し続ける塾生多数
  • ●「煽らない、売り込まない、自分の心に嘘をつかない」を合言葉に、クライアントに感謝される「ロングセラー起業」を伝える
  • ●人、モノ、カネ、情報の全て0から起業し、約11年。
  • ●社会貢献事業を含め3つの事業を営む。
    「在宅ビジネス」の仕組みを構築し、自宅から全く出ずに会社を経営中。
  • ●指導実績は全国1000名を超える。
  • ●著書に『口コミ集客で「一生愛される起業家」になる方法』があり、ベストセラーに。
  • ●自分の人生をかけて、愛する家族との毎日の時間を大切にしながら、「持続可能な起業」、さらには「持続可能な社会・世界」の実現を天命と受け取り、使命としている。

より詳細なプロフィールはこちらからより詳細なプロフィールはこちらから

ロングセラー起業講座(全75分)7つの動画を無料でお届けします

今すぐ無料で登録する今すぐ無料で登録する

MENU

16人中15人が月30万〜100万以上を達成した ロングセラー起業講座 7つの動画を、今だけ無料公開中!

今だけ無料7つの動画を手に入れる